いつものように、登録している出会い系サイトでサーフィンをしていると、一件のメッセージが、受信ボックスに届いていることに気づきました。 それを開けてみると、「パパ掲示板から来たよ☆まだパパを募集していたら是非是非(‘◇’)ゞ」とのことでした・・・ん?と一瞬だけ思ったのもつかの間、すぐに思い出しました。 実は、私は少し前に、とある出会い系サイトのパパ掲示板で、「パパを募集します!私の退屈な生活にスパイスとなってくれるパパをお待ちしています☆ミキより」という書き込みをしたのです。 そうです、この男性のメッセージは、この私の書き込みへの返信だったのです。 言うまでもなく、すぐにメールを送った私。 こうして、彼とのメールのキャッチボールが始まったワケですが、お互いの地元が近かったので、会うという方向になりました。 ホステス パパ 会う日が来て、待ち合わせ場所で待っていると、「お待たせしてゴメンよ!パパ掲示板でメールした者だけど、ミホコちゃんかな?」という男性の声が。 そう、彼があのパパ掲示板の男性でした! 「立ち話もなんだし、あそこのカフェに行こうよ。コーヒーも美味しいし!」という彼からのお誘いに、私は了承しました。 コーヒーをすすりながら彼の話に耳を傾けていると、「パパ掲示板を使って、まだ間もないんだ・・・。だから、お互い同じスタート地点にいると思って仲良くして欲しいな☆」という彼の告白。 彼の愛嬌の良さも相まって、とても親近感がわきました。 この日は初対面だったので、顔合わせをして解散しましたが、実は、次回の約束をすでにしました。 次回会うのは、明日・・・パパ掲示板で知り合った男性と、これからどういう展開を迎えるのか、今からドキドキしています。 夫の愛人 賃貸契約

- 無料レンタルHP -