高校の頃大好きな先輩がいました。私はその先輩が大好きで、先輩と同じバスケに入部しました。彼が大学生になった時も同じ大学にしたり、そのおかげで先輩とは親しい友達になりました。 そして、先輩が大学卒業する日に告白をしました。「先輩、前から好きでした。付き合ってください。」「マジか。冗談は顔だけにしてよ。残りの学生生活楽しんで。」この言葉にすごく傷ついた私。それでも先輩に対して気持ちが消えませんでした。再度アタックして告白しようと私は美容整形に手を出しました。一重だった目、団子っぱ鼻、歯並びと昔の面影はほとんどないくらいに返信しました。 テレエッチ 半年後、先輩との連絡は昔よりは減りましたが今でも続いていました。そこで先輩が働く職場を知り、その職場近くのカフェによく行くとわかった私はそのカフェで働きだしました。整形したから気づかれないと思った私は、来店した先輩にとびきりの笑顔で接客をしました。すると、先輩は私に気づかずに声をかけてくれました。「新人さん。」「はい、今日からです。よろしくお願いします。」それから先輩は週3でカフェにやってきて私にデートの誘いをしてきました。本名を言ってないので私だと気づいていない先輩。 それから3ヶ月後、ついに付き合うことになりました。付き合ってからも私の本名はふせていました。先輩は、私にぞっこんなのかすごく優しく、すごくスケべでした。「会えない日はオナ電したい。いやらしい姿を見たいからオナ電で見せて。」次第にオナ電以外に、外でHしたいとますますエスカレートしてきました。私はついに先輩が嫌になり別れることにしました。別れるときに私の正体を言うつもりです。反応が楽しみです。 チャットオナニー

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-