愛人募集掲示板に投稿して届いたメールの内容 「サリナ聞いた。山田さん愛人募集しているみたいよ。」「マジで、あの人超イケメンだし、お金もあるし愛人になれたら超いいよね。」「玲子さんは山田さんの愛人募集に興味がありますか。」「ない。」「そうか。でも玲子さんなら山田さん以上の人と付き合えそう。」キャバクラで働く女の子達の話に私は興味がありませんでした。私はただ奨学金と親の借金を早く返済したいがためにキャバクラで働いているから。山田さんを狙っている女の子達が多いのは知っているけれど奥さんがいるのに愛人募集している山田さんの事はあまり好きにはなれませんでした。 ある日、昼間は工場で働いている私は今日は工場の仕事で給料が入ったため休憩の時にいつもより贅沢なランチをしました。オープンテラスで食べる食事は美味しくこのまま帰りたいと思ってしまいました。 「あれ、玲子さんじゃない。」声がする方に振り向くと山田さんがいました。そして、勝手に私の隣に座りました。「昼も働いているの。」「はい。」「偉いね。昼夜働いて。」「いいえ。」素っ気ない返答をしたのにも関わらず山田さんは嬉しそうな顔をしていました。「何か良いことがあったのですか。」「玲子さんと話せたことかな。ずっと君と話したかった。君が僕の愛人にならないかなって思ってたし。」その言葉に驚きました。「あっ、妻の事は気にしないで。妻にも男がいるから気にしないで。」「えっ、はい。」「じゃぁ、付き合ってくれるの。やったー。」「えっ。」何故か付き合う話になりました。 ライブオナニー ライブチャットオナニー

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-