神待ち探し 「おかえり。」「ただいま。今日も泊まっていたんだね。」「うん。いつも、ごめんね。」「こっちはいつでも泊まりに来ていいよ。」私はネカフェ難民でした。そんな私を助けてくれた秋也くんはパイロットの副機長。家を留守にすることが多いから、家の掃除をすることが条件で家に泊めさせてもらっています。 そんなネカフェ難民の私が彼と出会ったのは海外に旅行行った時でした。私は荷物をひったくられ、言葉が通じない警察官に片言の英語でひったくりの話をさせたけれど通用せずに、その時助けてくれたのが秋也くんでした。荷物は無事に見つかり、財布の中身は空だったけれど、秋也くんとの出会いに引ったくりにあって良かったと思いました。その後、連絡先を交換してたまに会って食事をしていました。「私は絵を描くのが趣味で、地方や海外を飛び回って絵を描いています。そのせいでお金がなく、家賃もだんだん払えなくなり、仕事がない日はホテルに泊まらずネカフェ難民になる時もあるんだ。」「それは大変だね。うちでよければ泊まってもいいよ。」この言葉がきっかけにネカフェ難民をとりあえず 卒業しました。 それから2年後、2人で久しぶりに家でご飯を食べている時でした。「今度、休みが何日かあるんだけど2人で温泉に行く。」「いいの。」「うん。」私たちには男女の関係はありません。だけど、お互い好きだと思います。どのタイミングで男女の関係になればいいか分からずこの関係が続きました。だから、この旅行で何かしら2人の関係が先に進めたらいいなと思いました。彼も同じ気持ちだと嬉しいです。 家出の理由 家出掲示板

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-