謝礼交際のやり方を学んでパパ活に成功したアラフィフ50代主婦の私 学生の頃、親とすごく仲が悪かった私は家にはほとんど帰らず、友達の家に転がり込んだり、パパ活アプリを利用してパパからもらったお小遣いで漫喫で時間を過ごしていました。そんな私に親は何も注意はしません。たまに帰ってくると「あら、いたの。」「今度帰って来る時は連絡してね。」など言われていました。予想通りだったので悲しい気持ちも、むかついた気持ちにもありませんでした。ただそういう時はパパ活アプリを利用してパパに優しくしてもらいます。 こんな私ですが、友達の紹介で最近彼氏が出来ました。人に愛されていると言う実感をパパ以外にも感じた瞬間でした。だから私は彼のために何でもしてあげたい気持ちになり、もっとお金が必要な時は再びパパ活アプリを利用してお金を稼ぐようになりました。しかし何でも買ってくれる私に彼は不思議に感じていました。「どうしてそんなにお金持っているの。」「アルバイトを頑張っているからかな。」「だったら俺のためにお金を使わないでいいよ。自分のために使って、それか貯金。俺も実は今貯金をしているんだ。」「何故。」「そりゃあ、いつかお前と結婚をしたいからね。」私はこのことがきっかけにパパから貰ったお金を貯金するようになりました。そして普通のバイトをするようになりました。 働きながらある事を考えるようになりました。本当に結婚することになったら私の両親に報告しないといけないのかなという事に。正直会いたくはありません。絶縁してもいいくらいです。でも彼の両親には早く会いたい。本当の親と言うものを感じたいなと思いました。 JCとする援助交際 JC相手の援交

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-