神待ち掲示板 欲求不満だなぁー。 そう思ってすぐに会える系の神待ちサイトを開いた。 そこには何人もの女の子が、「神待ち中です。泊め男さん募集」なんて、書いていた。 神から泊め男になるくらい、女の子の取り合いになっていると聞くが、それでも掲示板ではいつも出会いがあふれてた。 その中で近所の駅にいそうな女の子をチェック。 会いに行くことにした。 俺の場合、家出少女を家には泊めない。だから正式には泊め男と言えないのかもしれない。 家に居座られても困る、目標はあくまでソフトな付き合いだから。 泊め男として出会い、少女たちを保護するのはあくまでホテル。 今日も、待ち合わせ場所に行くとそこそこ可愛い女の子が立っていた。 きっと、学校なんかで同じクラスでも相手にされなかっただろうな。 泊め男をしているとそんなレベルの女の子たちによく会えるのがうれしい。 身の上話を話したそうにしていたが、聞いてしまうとセックスする前に萎えてしまうので、お酒を少し飲んでホテルへ。 会話もそこそこに服を脱がしにかかった。 少し抵抗していたが、キスをすると力が抜けたのか、絡まり合う舌に、口の端から「んっ」「あっ」と声が漏れてくる。 そのまま、ベッドに押し倒す。 胸をまさぐり、乳首をつかむ。女の子は少し顔をゆがめるが、執拗にそこを刺激すると、もう甘い声しか出なくなってくる。 スカートをまくり上げ、下着を乱暴にとると、ゴムもつけずにそのまま突っ込んだ。 嫌だとは口で言いつつ、マンコはぐちょぐちょで中に入れると、女の子は足で俺の腰に巻きつくようなしぐさを見せた。 最後には「もっと〜」と可愛くおねだりまでできるようになっていた。 俺はホテルの部屋で彼女の身体を飽きるまで何度も抱いた。 彼女は目を潤ませて、もっともっとと何度もねだった。 次の日の朝、俺は会計を済ませて、彼女を残し部屋を出る。 スマートな付き合いには、彼女が何者かなんて関係ないのだ。 まぁ、連絡先は置いてきたけどね。 泊め男 家出掲示板

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-