ホ別2 休日に一人で買い物に出たの。新しい靴が欲しくて。 仕事ではいてる靴もそろそろ新調したかったし、休日用の靴もお洒落なの欲しくて。 それで、一人で買い物に出かけたんだけど、帰りにすごく可愛い子とすれ違ったんだよね。 肌も透き通ってて、存在そのものが女神さまって雰囲気の。 俺、普段ナンパとかしないし、したことないし。知らない人に声をかけるなんてまずしないのよ。 だけど、本能的に声をかけなきゃって気がして・・・「あの、よかったら」って声をかけたの。 お茶でもって言おうとしたら・・・「あ、スカウトだったらもう事務所に入ってるので」っていきなり言われた。 「そうじゃなくて」・・・お茶でもって誘おうとしたら「あ、JKと円交するとかそういう願望だったら、まず無理です」ってたたみかけられた・笑 声をかけてくる男がまずスカウトかJKと円交する目的だと決めつけるってすごいよね。 そういうのが日常茶飯事なんだろうね。 俺もそこで引き下がればよかったんだけど、思い切って声かけちゃったし、スカウトでもJKと円交する目的でもないってことを伝えたくて「お茶でもどうですか?」って言っちゃったんだよね。 それに、その子可愛いから目立ってるでしょ。通りで声をかけたんだけど、すでにもう注目の的だったんだよね。 すごすご引き下がるのが恥ずかしかったし・・・あっさり二秒で断られるのを人に見られるのも恥ずかしかったし。。。 少しでも、会話を引きのばしたかったの。「ご飯でもいいし・・・よかったら?」って言ったら、彼女、びっくりした顔してた。 フツーにナンパされるのが新鮮だったらしい。 神アプリ 神待ちサイト

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-