お金がない時に助けてくれる人 夜、仕事の帰りの時でした。女性がうずくまっていました。私は心配になり話しかけると気分が悪いと言われました。救急車を呼ぼうとしたら休めば平気と言われたので近くの公園のベンチまで移動して休ませてあげ、自販機で水を買い彼女にそれを差し上げました。30分後、彼女はようやく落ち着いてきたと言われ安心しました。 「あの、今度お礼をしたいので連絡先交換してもらえますか。」「お礼なんて平気ですよ。」「それでは私が気にするのでお願いします。」本当は連絡先交換と言われて少し嬉しかった。彼女がとても可愛いから。そして後日俺は彼女と再び会いました。 「先日はどうもありがとうございました。あの、変なことを聞きますが、私の見た目嫌いなタイプではありませんか。」「そんなことありません。それよりも好きなタイプです。」「良かった。では、謝礼交際という感じで今日は楽しみませんか。」謝礼交際という言葉は初めて聞きました。なんだかドキドキしてきました。楽しむってスケベなことを想像して良いのかなと思ってしまいましたが、その考えは当たりでした。彼女の謝礼交際は本当にホテルへ行きHをする事でした。 「私、風俗店で働いているの。だから、何かを返す時は身体を使うことが一番いいの。」そう言って彼女は俺の服をどんどん脱がせてきました。俺は彼女を助けて本当に良かったなと改めて思いました。風俗店で働いている事もあって俺は何度も何度もイッてしまいました。彼女は俺の姿を見て微笑んでいました。 パトロンが欲しい パパ活掲示板

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-