巨乳の女子大生を2週間泊めてセックス三昧 静香さんは、週末は泊め男を探して泊まりを繰り返しているそうだ。 ネットの掲示板で僕に声をかけてきた彼女は、20代の僕より10歳も年上の女性だった。 実際に会ってみると、確かに年相応の小じわは目立つものの、アラフォーの独身女性としては結構な美貌だった。 「週末は、家にいても寂しいしね」 静香さんは、そう言って笑っていた。 正直、なぜ、その美貌なのに、独身でカレシがいないのか不思議なくらいである。 更に勤め先や年収を聞いて、またまた驚いた。はっきり言って、平社員の僕には声をかけられないくらいの立場であり、都心にマンションも持っているらしい。 「だから、私が泊め男になろうかなーなんて、ちょっと思ったりもしたけどね」 屈託のない笑顔の静香さんが、なぜしょぼい僕の家に泊まろうなんて思うのか理解できなかった。 本人曰く、誰かに縛られるのは嫌らしい。 仕事であらゆる人とのネゴシエーションを強いられる立場上、プライベートは独りでいたいそうだ。 仕事から帰ってきてまで、誰か(旦那とか家族とか)とコミュニケーションを取らなければならないことを考えると、自分が壊れそうでゾッとするらしい。 「でもねえ、私も女なのかな?週末は人肌が恋しくなってね」 僕の家の小さなベッドの中で、静香さんは僕に語ってくれた。 おそらく、仕事ぶりも完ぺきなのだろうなと思うくらい、静香さんはベッドの中でもパーフェクトだった。 不慣れな僕をよくリードしてくれて、僕はあっという間に彼女の虜になっていた。 静香さんのテクニックで2回イカされた僕だが、同時に空しさも味わっていた。 この完ぺきな女性を満足させられるだけのものを、僕が持っていないことに気付かされたからだ。 でも、午前2時を回る頃、僕の腕の中で静香さんは言った。 「今日だけは、私を彼女だと思って、キュッと抱きしめてくれないかな?」 僕は、パーフェクト超人な彼女の中に、どこか脆さがあるように感じられた。 終始、僕をリードしてきた静香さんは、今は僕にリードされるままに胸の中に頭を埋めている。 それから、静香さんとは会っていない。 彼女は、今も週末になると、一夜限りの泊め男を求めて彷徨っているのだろうか。 弱い自分を守らなければならない日常の中で、ふと気の張りが抜ける週末。 そんな彼女には、一晩だけと割り切れる泊め男と言う存在が必要なのかも知れない。 セフレ募集 セックスフレンド募集

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-