乳首イキするのが夢だった私をアクメへと導いてくれたセフレとの経緯 乳腺開発については、私は乳オナで自力でマスターしましたね。 もともと、乳首が敏感過ぎて、痛いんです。それで、自分でオナニーする時は、乳腺あたりから刺激してたので、自然と乳腺開発できましたね。 別に乳腺開発出来てると、何か得するというわけではないんですけど・・・ ちょっと夏場とかは困りますね。 脇が出る服とか多いじゃないですか。それで、自分の弱い性感帯がそこにあるわけで・・・ ちょっと触れるだけでも、ビクンって感じちゃう。そういうエッチなスイッチが入っちゃうんです。 あと、年上の男性に多いんですけど、腰に手を回す方っていますよね。 紳士風にエスコートしてるつもりかもしれませんが・・・ そのあたりに手を回されると、乳腺開発済みの女にとっては、脅威なんですよね。 触って欲しいような、欲しくないような・・・こんなオッサンに感じさせられると屈辱という気分にもなり、非常に複雑です。 乳腺開発できてからは、ブラジャーにこだわるようになりましたね。なるべく、ガード力の強いものを選ぶようになりました。 大事な部分をガードする、という役割を重視するようになったんです。 それまでは、デザインだとか着心地だとか、そういうのを重視してたんですけどね〜。 今では、「防衛」のために「装着」してるみたいなもんです。 女として、性感帯が多いことや敏感なことは、メリットではありますが、働く女としては、それが弱点になることもあるわけです。 乳腺開発に興味のある女性には、ここのあたりを良く考えて欲しいですね。 スペンス乳腺 クリ責め

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-