彼女に「フェラされたい」願望は確かにあったの。 で、彼女にやんわりと、「フェラしてほしい」的なことを、本当に遠まわしに伝えたんだよね。 「え?フェラされたいの?」って彼女、まじまじ俺のこと見て、さも「信じられない」って顔して聞くんだよ。 俺、そんな変なこと言った?フェラされたいって別に普通のことじゃん。だから「フェラされたいよ!してほしいと思ってるよ」って答えたの。 そしたら「えー、じゃ、色々準備しなきゃいけないから。。。また今度でいい?」って聞かれて。 色々準備って何?フェラされたいだけなんだけど? お口があればいつでもどこでもできちゃうじゃん。 だけど、彼女が考えてたフェラって、、、かなり、特殊だったんだよね。。。 ディープスロートで口内射精している同僚 「フェラするから」って彼女の家に呼ばれたらさ、、、 手錠かけられたんだけど! んで、下半身脱がされて、しかも、冷蔵庫から生クリーム出してきてさ。 それを泡立て始めるんだよね。 え?何?何が始まるの? っていうか、フェラされたいだけなのに、どうしてこんな下準備が必要なの? 「私さー、タカナシか四つ葉の生クリームじゃないとイヤなんだよねー」って。 いや、生クリームの種類とかどうでもいいんだけど。。。 「余ったら、後でクレープ焼こうねー」って言いながら、俺の下半身に塗りたくるんだよね。 俺、フェラされたいだけであって、こういう鬼畜みたいなプレイは求めてなかったんだけど? フェラされたいだけなのに、手錠までする必要ってどこにあったの? 舐め犬募集 クンニしたい

お問い合わせ
[PR]【新着動画】【美人女優】【アイドル系】【スクープ映像】

-無料HP作成-