私はパパからパパ活の相場のお小遣いをもらっています。私は今までパパ活の相場以上のお小遣いでもなく、それ以下でもないパパ活の相場のお小遣いしかもらってきませんでした。ある意味、それが私のこだわりなのです。私は自分のことを平均だと思っているからです。今まで生きてきて全てが平気だったからです。だから、相場の金額が私には適していると話すと大体のパパは納得してくれます。それさえも払わないというパパとは最初から会いません。私は自分を高く見せるつもりもなければ安売りするつもりもありません。私は、自分が求めている平均の金額をパパからもらいたいだけなのです。 パパ活アプリで幸せを手に入れそうなアラサーのシングルマザーです 私は、パパとのこんな関係が続いて、1年になります。たくんのパパと出会い系サイトで知り合ってはたくさんの思い出を作ってきました。そしてそのたびに私は相場のお小遣いをもらってきました。きっとこれからもそうなのでしょう。私は彼氏もできず、パパと会いお小遣いを稼ぐことだけが今は楽しみなのです。このお小遣いでやりたいことがあるわけでもなく、欲しいものがあるわけでもありません。なんとなく私は、お小遣いをもらいながら生きているのです。そんな理由を今までは考えたこともなかったのですが、冷静になって考えてみると私はどうしてパパ活を続けているのだろうと思ってしまいます。仕事も安定した仕事があり、お金に困っているわけではありません。私はもしかしたらパパ活を続けることで自分が平均の人間なんだと感じていたいだけなのかもしれません。 愛人募集 愛人契約

- 無料レンタルHP -