パパ募集 『誰か私と遊んでくれませんか?謝礼交際のお願い。』 そんな書き込みを見つけた俺は、 『いくら払えばいいの?』 と返した。 すると、『お金は好きなだけ差し上げます』と来た。 怪しいなとは思いながら、金欠と物珍しさからOKしてしまった。 怖いお兄さんでも出てこないかとビクビクしながら待ち合わせ場所へ。 幸い彼女は一人でそこに立っていた。 「謝礼交際の書き込みの人ですか?」 彼女はそう尋ねてきた。 「そうだけど、謝礼交際って普通男が払うんだと思うけど」 俺がそう答えると彼女は、毒のありそうな笑みを浮かべて、 「お金なんていりません。主人が死んで私は退屈なんです」と言ってきた。 それならと俺たちはデートに出発した。 食事、買い物すべて彼女がお金を出したので、俺は本当に遊んでるだけだった。 彼女が不意に「今日は泊まって頂けるんですか?」と尋ねてくる。 俺は驚いたが、「お望みなら」と答える。 彼女の家はかなり大きくて、確かにここに一人は退屈だろうなと思った。 誰に促されるでもなく、亡き旦那と使っていたであろうベッドに二人で倒れ混む。 それだけで、凄く官能的で俺のチンコはヤル気満々になっていた。 俺は彼女の唇をふさぎ、高そうなワンピースのファスナーを下ろした。 中から均衡のとれた彼女の身体が飛び出して、俺は思わず息を漏らした。 彼女のおっぱいを嫌というほど舐めまくり、マンコがパンパンになるまで精液を注いだ。 彼女は幾度に大きな声をあげて可愛く鳴いていた。 気がつけば夜中で、俺の腕の中で彼女は「謝礼交際って定期契約とかも可能かしら」と言ってきた。 俺は「勿論。定期どころか君なら無期限でもいいくらいだよ」と答えて、またキスをした。 何も持ってなかった俺に、お金とセフレが舞い込んだんだ。 エプロン 結婚

- 無料レンタルHP -