口内射精 体調がめちゃくちゃ悪い。なのに彼氏は私の家にやってきます。見舞いに来たのかなと思ったけれど家でテレビを観るだけ。自分の家で観よと思ってしまいます。私はベットで横になっていると突然彼氏が私の体に触れてきました。体調悪いから無理。それを言っているのに触るのをやめようとしません。私はついにキレてしまい帰れといいました。「ごめん。でも、どうしても性欲が止められなくて。見るだけでいい。センズリ鑑賞してくれないかな。」そう言ってズボンを下げて突然自分のアレを擦り始めました。センズリ鑑賞だけなら別にいいかと仕方なく見ても全然興奮しません。そして、私はついつい寝てしまいました。 数時間後、寝たこともあってスッキリ目覚めた私。おでこには冷えピタが貼ってあり、加湿器も部屋につけてくれました。テーブルにはスポーツドリンクやお粥、栄養剤など用意してありました。そして、ソファーで彼氏が寝ていました。最悪な彼氏と体調悪い時は思っていたけれど、優しさを感じた瞬間でした。まだ体は絶好調では無いけれどその優しさのご褒美に私は彼のあそこをしゃぶってあげました。寝ていても興奮し、そして目覚めた瞬間にすぐイッてしまう彼氏。「びっくりした。そして、ありがとう。」その後彼は私にキスをしてまたやろうと誘ってきました。やりたく無い気持ちもあったけれど、やりました。 しかし、次の日彼氏は私の風邪が移ったのか体調を崩してしまいました。なので今度はエッチなしで私が介護をしてあげました。 フェラ援 車内割

- 無料レンタルHP -